ブログ

長野市 F様邸 

【Before】



【After】

閑静な分譲地に建てられたモダン住宅のF様邸。

敷地全体にわたり動線に配慮した外構工事を計画されました。









【Before】

【After】

敷地境界にCB2段積+高1.4mのLIXIL:プレスタフェンスを設置。

シンプルかつシャープなデザインでスタイリッシュな外観を極めました。









【Before】

【After】

【タクボ:床付きバイクガレージ】

バイクガレージを隣地境界線沿いに設置。

床材はさびに強い高耐食メッキ鋼板が組まれています。

バイクの出し入れ時に便利なスロープも購入されました。










【人工木デッキ:れい樹】

耐久性とコストパフォーマンスに優れた人工木デッキ・れい樹。

経年変化による色あせが少なく、人工木特有の水染みが軽減された商品です。










【Before】

【After】

凸凹の地面を整地後、厚さ0.4㎜の防草シートを敷設。

表面に20㎜~30㎜の単粒砕石を敷き均しました。










【土間コンクリート:スリット】

コンクリートの伸縮による損壊を防ぐ目的

または、無機質なコンクリート面にデザイン性を目的とするもの。










ところで・・・










【事務所からの借景】

事務所の向いに見えるこの樹木から四季の移ろいを感じています。

長野市の“市の木”に指定されている「シナノキ」という樹木です。

落ち葉がこちらに舞い込んで大変な面もございますが・・・

Wikipedia

長野県の古名である信濃は、古くは「科野」と記したが、シナノキを多く産出したからだともいわれている。

建設会社なので舗装工事とかもやっちゃいます。

建設会社なので舗装工事とかもやっちゃいます(^.^)



【穂保三才線】


老朽化したアスファルト舗装を切削(削り取り)し、

産業廃棄物として再生プラントに搬出します。




【路上路盤再生工法】

あまり見かけることはない下の画像の機械、スタビライザといいます。

アスファルトと路盤をセメントなど加えて破砕・混合し、現位置にて路盤層を改良します。

既存の材料を再利用するため循環型社会に貢献する工法のひとつです。

切削作業1日、

路上路盤再生作業1日、

舗設と区画線作業を1日、3日間で作業を終了することができました。

工期短縮という点についても、この工法の利点になります。





沿線の住民の方々のご協力、(機械の置場など提供していただきました)

交通規制に遵守していただいた皆様のご協力のもと、工事が完成しました。

本当にありがとうございました。

【竣工】










次に、

【西長野地区(1工区)】



【作業状況】

坂道でのローラー作業は表面が波打たない様注意します。

横断歩道を溶着します。

歩道帯に樹脂系すべり止め材を塗布し完了です。



延長500mの区間に保育園などの公共施設が点在する人の往来が頻繁な現場でした。

沿線の関係者の方々にはご丁寧なお気遣いをしていただきました。

本当にありがとうございました。



【竣工】





現場で物を造る、現場にある物を修繕するというのが我々の仕事です。

街中の現場、山間の現場、土地勘のない現場、環境によって難易度も変わります。

限られた人数で、限られた工期に作業を終了させていきます。

そんな中、現場の我々に親切にしてくださる地元の方々がおられます。

「あのひと、すっごい良くしてくれるよな」

帰ってきた社員たちの会話が聞こえます。




人は自分が蒔いた種をまた、刈り取るといいます。

その方々の収穫が

実りあるものに返りますように。

長野市 K様邸 ブロック塀除去

老朽化したブロック塀を撤去、

新たに高さ1.4mのアルミ格子フェンスを取り付けました。



【Before】

【After】


気品あるスタイリッシュな外観に生まれ変わりました。

見る角度によってすき間の間隔が変化する格子フェンス。

適度な目隠し効果が得られます。




【Before】

【After】

風通しも良くなり敷地の湿気対策としても効果的です。

和風住宅との相性もいいですね。




内部の状況が見えることで防犯対策にも繋がります。

ブロック塀の基礎部分をコア抜きし、柱基礎としました。









【ブロック塀等除去事業補助金制度】

長野市は平成31年度末までに実施する除去事業を対象に、

除去工事に対する補助制度を拡充しました。


補助金交付の条件がいくつかございます。ご相談ください!

長野市 K様邸 外構工事

【Before】



【After】

L字型住宅のお洒落な外観。北面に道路が隣接する北入りプランの外構です。






【Before】



【After】

緩やかな蹴上げと広いエントランスを落ち着いた色の自然石張りで仕上げました。



アルミ柱+横張りウッドの目隠しフェンス。西面からの目線を遮りました。






【Before】



【After】

北面道路からの目隠しとして門塀+スリット柱をデザインしました。



玄関脇に薪置場を設置。西面からの目隠しも兼ねました。






【ウッドデッキ・タイルテラス】

L字型の建物に沿うようにウッドデッキを取り付けました。

お部屋を繋ぐ外の廊下のような動線であり、テラスを取り囲むベンチだったりします。



解放感のある中庭、家族がひとつになる空間。

夏はプールを出したり、BBQを楽しんだり、タイルテラスは丈夫で汚れ知らず。

視線を気にせず楽しむことが出来るご家族だけの安らぎのスペースです。






【照明】

RC打ちっ放し擁壁にタカショーの粋・ローボルト・ウォールライトを取り付けました。

ほのかなやさしい光で訪れる人を迎えます。



アプローチの足元の照明にLIXILのガーデンライトを取り付けました。



入庫時に便利なエスコートスポットライトをカーポートに取り付けました。



【カーポート】

耐積雪50㎝のLIXIL・ソルディーポートを選ばれました。

4本柱なのでドアの開閉がスムーズに行えます。



【土間コンクリート】

適所にスリットをデザインし滑り止め効果のあるはけ引きにて表面を仕上げました。



【門塀】

シンプルな構成の中に何か期待感が存在するイメージをデザインしました。






【気付き】

昨年の7月にお声を掛けていただきました。

最初の現場打ち合わせ時には解体前の住居が存在し、これから新しく生まれ変わる過程に参加できることについて個人的にもとても楽しみなプロジェクトでありました。




そんな中、

2回目くらいの現場打ち合わせだったでしょうか。

お施主様、ハウスメーカー各担当者様、

皆さんお若い女性陣お集りの中で、

まるで女子会のような雰囲気のなかで、




え、

自分だけ50過ぎのおっちゃんやん(笑)





こうした時に気づくんですね、

変化って。


「諸行無常の響きあり・・・」

今この瞬間も風は吹き、木々は揺れ、太陽は昇り沈んでいく。

すべての事物、本質でさえも姿を変え移り変わっていく。

「諸行無常ってマジだな」



悟りました(笑)

目の前にある“今”に意識のベクトルを向けていこう。

長野市 M様邸 LIXIL ココマⅡ

【Before】



【After】

朽ちてきたウッドデッキを撤去、居間の目隠しも兼ねたLIXILのココマⅡを設置しました。



ココマⅡには用途別にいくつかのタイプがございます。

今回、M様は「サイドスルーL字腰壁タイプ」というタイプの形を選ばれました。



前面にパネルが取り付けられているタイプなので程よい目隠し効果が得られます。



落ち着いたグレー系のタイルで床面を仕上げました。






【目隠しウッドフェンス】

隣家との目隠しにウエスタンレッドシダー材の横張フェンスを立てました。



支柱は生涯腐らないと呼ばれる堅くて重い広葉樹のハードウッドを選びました。






【まとめ】

ひとつのプランを何回かに分けられて工事を発注されているお客様です。

いちどきに庭の姿を変えるのも良いのですが、

理想を数年ごとに実現していくのも、それぞれの楽しみ方のひとつと感じます。








海なし県に生まれたオジサンにとって

このシチュエーション、最高っス。

この理想、実現したいっス(^.^)