ブログ

「善光寺御開帳」長野駅から歩いてみました。

「長野駅から善光寺まで歩いてみたい。

      中央通りの風景をゆっくり楽しんでみたい。」

 

夕暮れの中央通り。

御開帳は絶好のタイミングでした。

 

 

 

 

 

 

 

【歩行者優先道路、表参道としての整備計画】

 

中央通りは、歩行者優先道路化事業が進められています。

そのデザインコンセプトが、 

「中央通りを『善光寺へ導く一本の道』として捉え、

表道の象徴である『石畳』により連続性のあるまちづくり、道づくりを行う」

です。

 

 

とりあえず、トイーゴの交差点から大門の信号機までの工事が完了しています。

もちろん長野駅までの区間も計画されているという事です。

 

 

 

 

 

 

【長野駅~新田町交差点:1600m】

 ■デザインコンセプト

「若さと変化に富んだまちづくり、道づくり」

 

  

 おしゃれな店舗デザインが目立ちます。

 

 

 

 

 

 

【新田町交差点~善光寺:700m】 

 ■デザインコンセプト

「善光寺に近づくにつれ次第に『和』の色あいがこくなり、

大門上の石畳へと続く」

 

 

店舗デザインが左右するかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここにあったか。

 

 

 

 

刻んだ。

 

この『庭』もいい。

 

 

 

 

 

 

 正直、拝みまくった。

 

 

 

 

 

 

 

 

【歩いてひらめいた、まち並みデザイン】 

 

理想を語るのなら長野駅は「仏閣形駅舎」を復活。

近未来的にバージョンアップして世界から注目を集めたい。

  

善光寺周辺の駐車場はお年寄り、障害のある方々の専用駐車場に限定。

長野駅、トイーゴ周辺にパーキングビルを建設。表参道を歩きお金を落として頂く。

 

『牛にひかれて善光寺参り』をドラスチックに再現させる。

「突然現れた牛を目にした人は観音様に導かれる」という都市伝説を世界に発信させる。

 

7月から公道走行が可能になる「セグウェイ」を駅近くの専用ガレージにストック。

長野を訪れた参拝客に表参道を行き来する足として信州の風を楽しんで頂く。

 

なので中央通りは車両通行禁止、許可車両のみとする。

伝統とイノベーションを融合するecoな地方都市を併せてアピール。

田舎暮らし希望地域ランキング1位を取り戻すべく、地方創生を全国に向けて発信する。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・。

 

 

 

 

 

・ 

・・・・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんちゃって。