ブログ

長野市 K様邸 ブロック塀除去

老朽化したブロック塀を撤去、

新たに高さ1.4mのアルミ格子フェンスを取り付けました。



【Before】

【After】


気品あるスタイリッシュな外観に生まれ変わりました。

見る角度によってすき間の間隔が変化する格子フェンス。

適度な目隠し効果が得られます。




【Before】

【After】

風通しも良くなり敷地の湿気対策としても効果的です。

和風住宅との相性もいいですね。




内部の状況が見えることで防犯対策にも繋がります。

ブロック塀の基礎部分をコア抜きし、柱基礎としました。









【ブロック塀等除去事業補助金制度】

長野市は平成31年度末までに実施する除去事業を対象に、

除去工事に対する補助制度を拡充しました。


補助金交付の条件がいくつかございます。ご相談ください!

長野市 K様邸 外構工事

【Before】



【After】

L字型住宅のお洒落な外観。北面に道路が隣接する北入りプランの外構です。






【Before】



【After】

緩やかな蹴上げと広いエントランスを落ち着いた色の自然石張りで仕上げました。



アルミ柱+横張りウッドの目隠しフェンス。西面からの目線を遮りました。






【Before】



【After】

北面道路からの目隠しとして門塀+スリット柱をデザインしました。



玄関脇に薪置場を設置。西面からの目隠しも兼ねました。






【ウッドデッキ・タイルテラス】

L字型の建物に沿うようにウッドデッキを取り付けました。

お部屋を繋ぐ外の廊下のような動線であり、テラスを取り囲むベンチだったりします。



解放感のある中庭、家族がひとつになる空間。

夏はプールを出したり、BBQを楽しんだり、タイルテラスは丈夫で汚れ知らず。

視線を気にせず楽しむことが出来るご家族だけの安らぎのスペースです。






【照明】

RC打ちっ放し擁壁にタカショーの粋・ローボルト・ウォールライトを取り付けました。

ほのかなやさしい光で訪れる人を迎えます。



アプローチの足元の照明にLIXILのガーデンライトを取り付けました。



入庫時に便利なエスコートスポットライトをカーポートに取り付けました。



【カーポート】

耐積雪50㎝のLIXIL・ソルディーポートを選ばれました。

4本柱なのでドアの開閉がスムーズに行えます。



【土間コンクリート】

適所にスリットをデザインし滑り止め効果のあるはけ引きにて表面を仕上げました。



【門塀】

シンプルな構成の中に何か期待感が存在するイメージをデザインしました。






【気付き】

昨年の7月にお声を掛けていただきました。

最初の現場打ち合わせ時には解体前の住居が存在し、これから新しく生まれ変わる過程に参加できることについて個人的にもとても楽しみなプロジェクトでありました。




そんな中、

2回目くらいの現場打ち合わせだったでしょうか。

お施主様、ハウスメーカー各担当者様、

皆さんお若い女性陣お集りの中で、

まるで女子会のような雰囲気のなかで、




え、

自分だけ50過ぎのおっちゃんやん(笑)





こうした時に気づくんですね、

変化って。


「諸行無常の響きあり・・・」

今この瞬間も風は吹き、木々は揺れ、太陽は昇り沈んでいく。

すべての事物、本質でさえも姿を変え移り変わっていく。

「諸行無常ってマジだな」



悟りました(笑)

目の前にある“今”に意識のベクトルを向けていこう。

長野市 M様邸 LIXIL ココマⅡ

【Before】



【After】

朽ちてきたウッドデッキを撤去、居間の目隠しも兼ねたLIXILのココマⅡを設置しました。



ココマⅡには用途別にいくつかのタイプがございます。

今回、M様は「サイドスルーL字腰壁タイプ」というタイプの形を選ばれました。



前面にパネルが取り付けられているタイプなので程よい目隠し効果が得られます。



落ち着いたグレー系のタイルで床面を仕上げました。






【目隠しウッドフェンス】

隣家との目隠しにウエスタンレッドシダー材の横張フェンスを立てました。



支柱は生涯腐らないと呼ばれる堅くて重い広葉樹のハードウッドを選びました。






【まとめ】

ひとつのプランを何回かに分けられて工事を発注されているお客様です。

いちどきに庭の姿を変えるのも良いのですが、

理想を数年ごとに実現していくのも、それぞれの楽しみ方のひとつと感じます。








海なし県に生まれたオジサンにとって

このシチュエーション、最高っス。

この理想、実現したいっス(^.^)

長野市 K様邸 外構エクステリア

【Before】



【After】

住宅街の旗竿地に新築されたK様邸。

未整備だったお隣との境界線など全般的な外構工事を計画されました。





【Before】



【After】

出来る限りこう配を緩やかにし、水はけの良い透水性アスファルト舗装を施しました。





【Before】



【After】

人工木デッキを取り付けました。

床下は「防草シート+敷砂利」にて雑草対策を施しました。

LIXIL:人工木デッキ・樹ら楽ステージ

水はけの悪い粘土質の庭土を搬出し山砂を搬入、客土の入替作業を行いました。

仕上層に芝張りのための洗滌砂を敷均しました。





【Before】



【After】

凸凹だった床面を整え「防草シート+敷砂利」にて雑草対策を施しました。

将来的な生活状況を想定し、余裕を持った大きさの物置を選ばれました。





【Before】



【After】

何もなかった隣地境界線に化粧ブロック+アルミフェンスを設置しました。

外構工事を期に境界線が目視で確認できる環境になりました。





【まとめ】

初見の現場確認で敷地全体の水はけの悪さが印象的でした。

建築のGL設定が高めであったため、自然こう配で道路側に雨水を流し透水性舗装にて地下浸透を促すことにより対策を講ずることができました。

一部、隣地境界線が未整備だった個所についてはお隣様との境界確認を行い、根が張り出している樹木については伐採、伐根するなどの処置を行いました。

一歳くらいのかわいいお子ちゃまがいらっしゃるお若いご夫婦です。

「デッキでBBQを楽しんだり、芝の上で寝転んだりしたいね」

打ち合わせ時にお子ちゃまに向かって話しかけられていた奥様がとても印象的でした。

幸せな空間作りに少しでもお役に立てているとすれば幸いです。






ひたすら暑いです。
7月23日、埼玉・熊谷で国内最高気温41.1℃を記録、ヤバくないですか?

遠い世界の人たちの涼しそうな本を買ってきました。
夢をみるのは自由です(^.^)

長野市 N様邸 外構工事

【Before】



【After】

約120坪という広い敷地でのセミクローズ外構でした。








【目隠しフェンス】

道路からの目隠しとして木調樹脂製の横張ボードをH1400㎜の高さで設置しました。

【カーポート】

来客用も含め4台分の駐車スペースを確保、道路側に2台用カーポートを設置しました。








【Before】

【After】

隣家との境界にLIXILのセレビューR3型を設置しました。
適度な目隠し効果が得られます。



【防草シート+敷砂利】

雑草対策として厚さ0.4㎜の防草シートを敷き、30㎜の単粒砕石で表面を押さえました。

粒の大きさが揃っている単粒砕石のジャリジャリ音は防犯対策の効果がありますね。


【アプローチ】

アプローチはランダムストーン模様のスタンプコンクリートを選ばれました。


【客土入替】

粘土質の土を搬出、山砂を搬入し客土入替を行いました。

お客様ご自身でグランドカバープランツを植えられました。






【まとめ】

敷地が広くなるにつれ草取りなどの管理のし易さが大切になりますね。

家事、育児、休日のお出かけ、お肌の紫外線対策(笑)、草を取っている暇はありません。

物置などのサービスヤード的な部分は極力、このメンテナンスフリーに努めます。

防草シートに砂利などを敷くことによって水はけが改善され、雑草のない快適な環境にすることができます。



防草シート:商品名を「ザバーン」といいます。

庭ZOUでは上の画像にある防草シート、ザバーンを使用します。

安価な防草シートはスギナなどの手ごわい草が突き抜けてしまう場合があるため注意が必要です。

庭の雑草対策についてのご相談、お待ちしております!