【長野市】 S様邸

長野市の地区計画地域にあるS様邸。構造物の大きさ、道路からのセットバックなど地区ごとに定められたルールの中でプランニングを行う必要がありました。
【コンセプト】
建物の調和というより建物の持つ重厚さ、優美さを外構によってそれを増幅させる。戸別の空間を超え、街並みの形成に一翼を担う外構空間をつくる。
削ぎ落されたデザインの中に重厚な個性がバランスよくかつシンプルに存在する外構空間を目指す。
【線と面】
エントランスは蹴上げ高を小さく、踏み面を広くすることでステージのような空間をイメージ。
統一感、安定感が得られるよう玄関タイルと同じタイルをアプローチに延長、エントランスに立つ人が豊かさを感じる空間をデザインしました。
各パーツにおいては一つ一つの存在感が個性的にたたずむ空間をイメージ、全体的に「線と面」のバランス、個々のクオリティーにこだわりました。


制作実績