【長野市】 K様邸

横長に大きく構えた門塀は無機質なコンクリートに浮上る杉板の柔らかさを表現した杉板本実型枠コンクリート工法にて仕上げました。
杉板の木目がコンクリートに転写され、独特な味わいを感じることができます。
自然の杉板を使用するためコンパネを使った打ちっ放し仕上げにはないオンリーワンの質感が表現され、気品のある外構空間を感じることができます。
表札を照らすビームライトは門塀のラインと一体化した30㎜角の枠材にすっきり納まり美しい間接照明を表現しました。

制作実績