ブログ

『幸せのちから』

軽トラのマフラーが届きました。ヤフオクです。

溶接の継目から漏れた排気音でチューニングマシンと化していました。(笑)

 

 

出来ることは自分でやる会社です。

 

 

たとえば、建設機械の年次点検。

車の車検と同様、建設機械にも年一回の特定自主検査を受けることが法律で定められています。 

検査者は私、松橋。もちろん国家資格が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて・・・

昨日、日曜日。

 

『お父さん、BSで“幸せのちから”やってるよ』

午前練の部活を終えてジャージ姿で帰宅した高二の娘が教えてくれました。

 

フィールド・オブ・ドリームスの次に好きな映画、『幸せのちから』

ドン底から立ち上がった父子の実話

 

二人の子供が小学生の頃だったでしょうか。

借りてきたDVDを一緒に観ていた子供達が、社会の厳しさというものを始めて知る事のできた映画でした。

家賃滞納でアパートを追い出され、駅のトイレや教会で夜を過ごすシーンはとくに印象に残ったようです。

 

 

 

 

 

 

【ストーリー】  

 

新型医療機器のセールスをする主人公、クリス・ガードナー(ウィル・スミス)。

しかし高価な機器は思うように売れず税金も滞納、妻のパートで生活費を捻出する苦しい生活を送っていた。

 

 

 

不運は続く。駐車代をケチったために駐車違反でレッカー移動。

違反金を払えないクリスは車をあきらめバスを交通手段とする。

 

 

 

ある日、路上で見かけた赤いフェラーリの持ち主に声を掛け二つの質問をする。

「あなたに二つの質問がある。仕事はなにか、その仕事にどうやって就いたんだ?」

「株の仲買人をしている。学歴は関係ない。数字と人に強ければ。」

 

 

 

証券会社の人事課担当者に取り入ろうと一緒のタクシーに乗り込む。

見事なルービックキューブさばきが功を奏し一目置かれる存在に。面接のチャンスを摑む。

 

 

 

クリスが仲買人になると妻に告げると呆れた妻は家を出て行ってしまう。

最初のチャンスを摑んだ日だった。

そうして5歳の息子と二人だけの生活が始まった。

 

 

 

大切な面接の前日、駐車違反の罰金を払わないために警察に拘留されてしまう。

そのためにペンキにまみれた作業服姿で面接に行くハメに。

しかし、持ち前の絶妙トークと機転を生かし面接に合格する。

定員は20名、最終的に選ばれるのはたった1名という狭き門。

20名の枠に入れたクリスだが、研修期間の半年間は無給という厳しい条件だった。

 

 

 

 

研修を早めに切り上げ、保育所に子供を迎えに行く忙しい毎日。

自宅に帰るも家賃滞納で荷物が外に出され鍵は付替えられていた。

 

 

行くあてもなく、子供と駅のトイレで一晩を過ごすことに。

 

 

息子を寝かしつけたあと惨めさに涙がこぼれてくる。

しかし、どんな苦境にあっても息子との生活を諦めるわけにはいかない。

 

 

研修の間、ホームレス向けの無料宿泊施設に寝泊まりしながら無給期間を乗り切った。

 

 

 

 

 

 

 

【研修最終日】

 

「いいシャツだ」

「どうも。今日で研修が最後なのでいいシャツを着てきました。」

「見上げた心がけだ。」

 

 

「だが明日もいいシャツを着てきてくれ。君にとって初日になる」

「うちで働きたいなら。どうだね?」

 

「・・・はい。」

研修最終日、クリスはボスに呼ばれ、たった一人の採用通知を言い渡される。

目を真っ赤にして聞き入れる場面はいつ観ても感情がこみ上げてきます。

 

 

 

 

外に飛び出し、幸せの切符を掴み取ったことを噛みしめるクリス。

この場面も泣けてくる。

オフィス街の人々の流れとクリスが同じ流れにいる場面は、それを手にしたことの表現だと思う。

 

 

すぐさま息子の待つ保育所に向かい、この映画の中で初めて息子を強く抱きしめる。

 

 

the end.

 

 

 

 

 

 

【好きなシーン】

 

 「やるだけ無駄」なんて決してあきらめるな。

パパを見るんだ。

夢があったらそれを守るんだ。 

 

 

何か欲しけりゃ取りに行け。

ちなみにウィル・スミス、実の息子との共演。

 

 

 

 

 

【最後にエピソード】

ラストシーンで一人の男性とすれ違い、ウィル・スミスが振り返るところ。

右側の黒人男性は映画の元となったクリス・ガードナー本人だそうです。 

 

 

END.

あけましておめでとうございます。

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

弊社は公共工事を請負う特定建設業者です。 

建設会社のもつ技術力がエクステリア、外構工事といったフィールドで

少しでもお役に立てればという思いから平成15年4月、【庭ZOU】を立ち上げました。

お困りのこと、相談されたい事がありましたらいつでもお声を掛けて下さい。

スタッフ一同お待ちしております!

 

 

 

 

【今春に予定されている長野市S様邸】

 

 【Before】

 

 【Plan】

 

 

 

 

 

 

暖冬といえども4月になるまで現場施工はふつうにアウト。

なのでこの時期はプラン作成オンリーに。

 

 

 

 

 

 

 

 【春よこい】

昨年末、車の出入りを可能にするために土を掘り下げ砕石を敷きました。

とりあえず春までこの状態です。

 

 

 

 

 

 

 

 

【冬期がアウトな理由】

 

とくに水を使用するモルタルまたはコンクリート 。

初期養生時のコンクリートが凍害を受けるコンクリート工事はふつーにアウト

 

「日平均気温が4℃以下になる場合、寒中コンクリートとしての施工行わなければならない」

1.寒中コンクリートはAEコンクリートの使用を標準とする。

2.打込み時のコンクリート温度は5~20℃の範囲で行う。

3.セメントは早強ポルトランドセメント又は普通ポルトランドセメントを用いることを標準とする。

etc・・・

 

 

「打設後のコンクリート養生温度は5℃以上に保たなければならない」

早強コンクリートの場合、5℃以上を3日間その後2日間は0℃以上に保たなければならない。

※水セメント比により異なる。

 

 

 

「シート養生が可能になる耐寒材を用いたときのデメリット」

1.使用量の判断が難しくコンクリート内部温度が上昇、クラックが発生しやすくなる。

2.特有のねばりが強くなり、土間コンクリートなどの表面仕上げに影響する。

3.他の混和剤と比べ使用量が多く、高価であるため材料単価が上がり工事金額を膨らませる。

 

 

 

【まとめ】

 

冬期がアウトな理由。

往々にして施工業者に品質管理についての基礎的知識の定着がないから。

 

逆に知識があって施工に十分に反映できるのであれば冬期もOK。

ただ、寒中工法は確実にクライアントをコスト増へと巻き込む。

 

特別の理由がない限り時期が来るのをしばらく待ちましょう。

春はすぐそこです。

 

2015年もあとわずか。今年もお世話になりました。

今年も残すところあとわずかとなりました。

多くの方々の支えのなかで年末を迎えられたことに感謝申し上げます。

 

 

【AM7:29 12月28日】

 

 

 

【加速する1年】 

 

「本当に一年は『あっ』という間」  

年末になるとこんな会話が聞こえてきます。

年を重ねるごとに加速していく感覚は誰もが感じるまぎれもない事実。

 

この感覚を心理学の切り口から説明している『ジャネーの法則』というのがあります。

5歳児にとっての1年は人生の1/5=20%、

47歳の松橋にとっての1年は人生の1/47、つまり2%チョイに過ぎないというのがこの法則。

 

この加速感、マズイです。『赤いちゃんちゃんこ』が現実味をおびてきました。

年金の受給開始年齢引き上げにあわせ、赤いちゃんちゃんこ着用時期もスライドすべきではないでしょうか。(笑)

 

 

 

【今が大切と思ったことのきっかけ】

 

『今』を意識した半年間でした。

今夏、きっかけは休日の自宅の庭でおこります。

 

夏のぬける様な青い空とは裏腹に、

もやもやとしたネガティブな感情が分厚い雲のように自分を覆っていることに気づきます。

 

『何なんだ、このすっきりしない重たい気分は・・・』

ネガティブさに嫌気がさし作業の手を止めその思考の元になっている感情を客観的にひも解いてみることにしてみます。

 

過去に腑に落ちなかった出来事に様々な意味付を探しながら掘り下げている自分がいました。自分を正当化し、ひたすらそれを繰り返す行ったり来たりの思考の連鎖。際限なく、延々と何度でも何度でも。

 

草取りをしている自分とは全く別の思考が無限の思考力で一人歩きしています。冷静に自分を客観視すると自らが作っている分厚い雲のような思考に支配されていることに気づきます。

 

コントロールされていたんです。自らが作った思考の癖に。

思考に気をつけなさい それはいつか言葉になるから
言葉に気をつけなさい それはいつか行動になるから
行動に気をつけなさい それはいつか習慣になるから
習慣に気をつけなさい それはいつか性格になるから
性格に気をつけなさい それはいつか運命になるから
マザー・テレサ

 運命への道筋をひも解いていくと自身の思考へとたどり着く。

 

 

 

【今を充実させることに没頭すると幸せになれる】

 

思考の80%がネガティブなもので、そのうちの90%が同じ思考の繰り返しだといいます。

自分が作り出した思考の罠にコントロールされてしまっているわけです。

 

『過去は変えられるが未来は変えられない』こんな事が書かれていた本がありました。

もちろん過去の出来事は変えることはできません。

ただ、過ぎ去った出来事というのは意味付でしかありません。

その過去に意味をつけているのが自分だという事に気付けたなら、過去そのものを変える事ができるのです。

 

未来はどうでしょうか。形のない未来を変えることはできません。

ただ、未来が過去に変わった時、その意味付は変えられます。

 

人は『今』にしか生きる事ができません。

今、目の前で起きていることが人生のすべて。

この事に気付かず人は,過去や未来への意味付に苦しみます。

出来事そのものよりむしろその意味付に苦しむ自分に気付くことが大切です。

 

 

 

【「いま、ここ」に生きる。人生とは連続する刹那】

.

 
「われわれは『いま、ここ』にしか生きることができない。

人生とは、連続する刹那。われわれの人生は点の連続でしかない。」    

 

『嫌われる勇気』 P264

.

 

 
 

 

 

真実は今この瞬間にだけ存在する。

すべては『今、ここ』でしか起こらない。

 

 

 

だから、

 

 

ベクトルを『今』に切りだそう。

 

すべてを『今』に投げ込もう。

 

心を『今』で埋め尽くそう。 

 

 

 

 

 

すべてが『今』でしかないと気付けたなら、 

 

生まれてきた『今』に感謝しよう。

 

 

 

 

 

『2016年、皆様にとって飛躍の年となることを祈願して』

 

平成27年12月29日

島崎建設株式会社

代表取締役 松橋第二郎。

長野市 W様邸

【ご提案パース】

『道路との境になにか仕切りになるもの』というご要望で、

LIXILの『プラスG:Gスクリーン』をご提案しました。

 

 

 

 

 

 

たしかに目線などは遮られるものの、

その圧迫感は否めない・・・。

 

 

 

 

 

見た目のコミニティーも大切ということで、

この様な『門塀+スリット柱』でさり気ないデザインをご選択されました。

 

 

 

 

 

 

タイルなどのテクスチャーをそぎ落とし、さらにシンプルな門塀デザインに。

 

 

 

 

 

ドローンで全体ビュー。

 

 

 

 

 

 【Before】

 

 

 

 

【After】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☐植栽:ヤマボウシ株立 H3.0

☐アルミフェンス: LIXIL プレスタフェンス3型 H1000

☐駐車場土間コンクリート:2台用 ほうき仕上 スリット

 

 

 

 

 

 

実は・・・。

 

若干、アフターではないんです。

納入されたタイルが割れていてお客様には少々、お待ち頂いております。

 

 

 

 

 

 ちなみに

 私はこの日を待っていました。

 

2015年12月22日。

一年で最も陽が短い冬至の日ですね。

 

 

 

 

 

 

 

地味に『冬至』とかいってますが、

 

こんな前向きでスペシャルな日はありません!

 

下降トレンドも底をつき、この日を境にポジティブエネルギーに反転。

強烈な上昇トレンドのベクトルへと方向を変えます。

 

 

おもかじ、いっぱい。右に切れ。

今がチャンスだ。

躊躇することなく帆をあげろ!

追い風うけて全速で進め!

 

 

 

松橋にとって冬至は一年の始まりの前夜です。

すでにスタートを切りました。(笑)

ドバイを選んだ、たったひとつの理由。それはまさに夢の世界だった。

【東京(成田)発 ⇨ ドバイ行】

出発/22:00 到着/04:15 飛行時間/11時間15分

 

[エミレーツ航空 EK319 ボーイング777-300ER]

 

 

 

 

ドバイに向かってます。」

50代半ばで早期リタイヤ。その後の人生をドバイで過ごすという 目標設定から約5年。

不動産エージェントとの手続きを行うため現地に向かいます。

 

 

 

 

30分遅れの【04:45】

ドバイ国際空港に到着。

 

想い描いていた理想が現実に。

期待と不安が入りまじり、正直震えが止まりません。

 

 

 

 

 

裏通りの目立たない場所にあっても近未来的なドバイの感性。

異国というよりも「近未来」といった表現がふさわしい。

 

.

資源の貧しいアラブの小さな漁村にすぎなかったドバイ。

1966年(ちなみに自分1968年生れ)に海底油田を発見したことで全ては激変します。

 

しかし、限りある資源。2015年には枯渇するといった懸念から、

石油に依存した経済から脱却する事を国策として挙げ、1990年代から夢のような計画を次々に実現していく。

 

自分が生まれた1968年には1万人にも満たなかった小さながすでに994万人を超え、

世界中から巨額の投資を集めた結果、この20年間のGDPは30%以上に達した。

 

近い将来石油がなくなることを懸念し石油に頼らない国を目指し「改革」を始めたドバイ。 

ダーウィンの進化論、「唯一、変化する者だけが生き残る」 

現状に頼らず、先を見据えて進化していくことの大切さを教えてくれる国、ドバイ。

 

.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・。

 

 

  

 

 

 

・・・。

 

 

 

 

 

自分、

 

夢みてました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドバイだけに、

 

ここは

博多バイ。

 

 

 

 

なんちって。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はここに泊まるけん。

 

 

 

 

 「レオパレス21」のホテル部門やね。

 

 

 

 

タクシーかっこよかー。

 

 

今日はなんばしに来よるかっちいえば、

もったいぶらんけんで、よかましょーたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これば買いにきんしゃった。

登録済の未使用車、いわゆる新古車ばい。

かっこよかやろ。

 

 

 

ばってん、

まごまごしてはいられんけん。

 

長野まで1029Kmばい! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【09:50】早速、燃料ばいれるちゃ。

 

 

 

ナビばセットばい。

 

 

 

九州自動車道ばのって山口ば目指すけんね。

 

 

 

ここまで来よるちゃ。

 

 

 

関門海峡大橋ばい。

 

 

 

 

 

 

 

マジ感動しとるちゃ。

 

 

 

広島ば通りすぎたとたい。

 

 

 

 

 

 

 

山陽自動車道たい。 

暇やけん唄ば唄おった。

 

なんでやろ普通に谷村新司の「昴」ば熱唱ばい。

 

 

 

中国自動車道に入るけん。

眠気、半端なかーーー。

 

 

 

眠気のMAXたい。眠気しゃましに唄ば唄う。

大阪ナンバーば見ると、

 

なしか「悲しい色やね」ば熱唱したばい。

 

 

こんあと、夕食ば食べてパーキングで寝たとたい。

【21:00】頃やったかいな。

 

ばってん、

そー長くは寝ていられんけん。

【02:00】頃、目の覚めてハンドルば握った。

 

朝方になっち「岡谷まで○○Km」ん看板の見えた時は

マジでうれしかったとね。

 

九州で300L入れた燃料もなくなっちスタンドのあるパーキングば探したばい。

 

 

 

 

 

 

 

【05:30】 松本・梓川サービスエリア

 

 

 

 

ぬくかコーヒーば飲んでほっとした瞬間だ。

 

ばってん、

ゆっくりもしていられんけん。

 

 

 

 

 

姨捨パーキングの景色のよかね。

 

 

 

 

 

九州から走っちきよったばってん、

こげん、こげんよか景色はなか。

 

長野はよかところたい。

 

 

 

【06:50】

無事に帰っちきたばい。

90Kmんリミッターがきいて実走15時間やった。

楽しかった旅ん終わりたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仲良くせんね。