BLOGブログ

【長野市】B様邸

長野市北部に位置するB様邸外構工事が竣工しました。

【Before】

【After】

枕木敷き、芝、スリット状のコンクリート土間といったシンプルな外観を好まれました。

【Before】

【After】

シンプルな横板張りWRC木製フェンスを立てました 。

支柱は耐久性を考慮しアルミ柱を選ばれました。

美容院を開業されるご予定のため、

コンクリート階段、道路からのアプローチは枕木を使用し緩やかなステップをつくりました。

【Before】

【After】

土を掘り返すと廃材のようなものが混在していたため、

20㎝分を搬出、新たに山砂を客土入替し芝張りのための洗滌砂を敷均しました。

【Before】

【After】

コンクリート仕上げのままだった玄関土間にタイル張りを施しました。

木目外壁との相性がいい感じです。

【Before】

【After】

客土入替を20㎝施し高麗芝を張りました。

【まとめ】

庭土の客土入替といった表面的には見ることのない部分に予算を費やされました。

とくに盛土を施したような宅地に搬入された「搬入土」はどこか別の建設現場からの発生土を転用するのが通常です。

何処の、どんな環境にあった、どんな種類の「搬入土」なのかは定かではありません。

客土入替によってB様邸の敷地環境は清潔感と安心感でいっぱいになりました。

何かいい運気さえ感じます(^_^)

お庭の「土」のことでお困りでしたら、ご相談ください。

現場確認の上、見積もり無料にてご対応させていただきます!

【最後に】

帰宅途中、シカと遭遇したのでアップしてみました(^_^)

【須坂市】N様邸

【須坂市】N様邸

家庭菜園を目的とした隣地に囲い(境界壁)を設けました。

 

 

【Before】

 

 

 

 

【After】

【Wall】 プライベートと外界の境界線

しっかりとスペースを包み込んでプライベートな空間を創出してくれる囲み。(境界壁)

焼き物調のアンティークな「ベスロック」と落着きある鋳物フェンスの組合せとしました。

 

 

【Plan】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【Before】

 

 

 

 

【After】
 

独自の表面加工によって汚れに強い「ベスロック」

陶器の風合いが周囲に柔らかな印象を醸し出しています。

 

【Plan】

 

 

 

 

 

 

 

 

【Gate】

トラクターなどの出入口として緩やかスロープを設けました。

 

 

 

 

 床面は天然石を樹脂で固め、セメント系基材で洗い出し風としました。

 

 

【water】

 心安らぐ趣味のスペース、好きな物に囲まれて過ごしたいものです。

 

 

 

【家庭菜園】

山土と堆肥を混合、客土入替を施しました。

 

 

 

 

 

 

N様、この度は数ある業者の中から弊社をお選びいただき、誠にありがとうございました。

また何かお手伝いさせていただく機会がありましたら幸いです。

 

トントントントン、ヒノノニトン

2トンダンプを入れ替えました。

日曜、午前9:30到着

三重からの新車納入。

 

 

 

 

 

【Q&A】

Q:「なんで三重から?」

【日野:デュトロ Hi-grade 4WD×2】 

 

 

 

 

 

A:「コスパヤバすぎ」

PCS(プリクラッシュセーフティ)[衝突被害軽減ブレーキシステム] 、

車線逸脱警報 、VSC[車両安定制御システム] 、TRC[トラクションコントロール] 、

ブレーキ・オーバーライド・システム 、EBD[電子制動力配分制御]機能付ABS仕様、etc。

 

 

 

 

 

資材とかもネットの時代。

ネットの掛け売りが常識を変えた。

 

 

 

 

 

 

車もネットで買う時代。

しかも全額後払い。

 

こういう時代になっていく。

というか、

なっている。

 

様々な事象がボーダーレス。 

フィールドを取り囲むボーダーが溶解していく。

常識が加速度的に変化する。

 

 

 

 

 

【VUCAの時代】

 

Volatility – 変動性
Uncertainty – 不確実性
Complexity – 複雑性
Ambiguity – 曖昧性

「VUCA」ブーカとは上記の頭文字を合わせた造語。

要は、先を読むことが困難な時代であるということを表現する。

 

 

 

 

【8月5日 12:30】

こんな分かりやすい夏空も

 

 

 

曇り空の予想が連打するように

未来を読むことはムズカシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

様々な要因が加速度的に変っていく。

 

 

 

 

 

 

 

ただ、

本質的な部分は変っていないんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと。

 

 

松橋チャコ。

LIFE IS SHORT

新潟市北区にある建設機械メーカー、コベルコ建機に行って参りました。

 

上信越道の信濃町~上越間の4車線化工事が進んでますね、いい流れです。

対面通行区間で100キロ近くで飛ばしている車を見かけます。

ほんとリスキーです。

 

 

 

マシンガイダンスの体験型施設として新設されたオープニングイベントに招待されました。

11:50到着。

昼食を頂いて、新技術についてのプレゼンを聴き、実車試乗会へと移ります。

 

 

 

マシンガイダンスとは・・・

GPSで機械の位置や標高を取得してオペレーターにリアルタイムに知らせる言わばカーナビの様なシステム。

バケットの刃先を3次元誘導し、このモニターでガイダンスしてくれます。 

 

 

 

機械を操作するオペレータはコベルコの新入社員、しかも女性なんです。

熟練を要したこんな作業も技術革新によってどんどん人の負担を軽減してくれるんですね。

今後、10~20年の間に47%の仕事が人工知能に奪われるという予想があります。

奪われるといったネガティブな表現です。

ただ、

少子高齢化が進む日本において人がやらなくていい部分を機械がやってくれるという受け止めであれば、むしろ歓迎なのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんでもって・・・!(^^)!

 

 

 

 

 

 

 

久々の新潟県。

燕三条で一泊プラン。

 

 

【20:30】

ホテルの目の前に“魚料理が得意”との居酒屋を発見しました。

一人なのでカウンターを予約してから行くことに。

ゆったりとしたカウンター、板さん越しに映るガラス張りの夜景がなかなかの眺めです。

 

 

 

 

新潟に来たからには海の幸!一人前で造っていただきました。

大きな切り身ですべてが新鮮、そしてすっごく美味しい!

 

 

 

 

 

口コミで評判だった「ノドグロの塩焼き」

白身のトロ!といった食味。

柔らかくて、とてもジューシー!めちゃ美味しかったです。

 

 

 

 

 

 

翌朝、6時起床。

ホテルの朝食をいただき、7時前にチェックアウト。

 

帰りの北陸自動車道、FM新潟を供に帰す。

ゲストは宮本亜門。

 

これが心に沁みた。

 

 

僕があることにすごく悩んでいた時期があって、親父と意見がとにかく合わなかった。

心配した親父は色々と僕にアドバイスを投げかけてくれるんですが。

 

「そういう事じゃないんだよ!」って僕はとにかくその言葉に耳を傾けなかった。

嫌気がさして家を出ようとする僕に親父は

「ちょっと待て」

といって紙に書いた手紙のようなものを僕にくれたんです。

 

途方にくれて歩きました。 

時が経ち冷静さを取り戻した僕はポケットからその紙を取り出す。

そこにはこんな事が書かれていたんです。

 

「悩むには人生は短すぎる、

         楽しみなさい」

 

 

 

 

何気に聞いていたFM新潟。

 

 

 

 

 

 

 

 

車の中、ひとり大きく頷きました。

何度もなんども、噛みしめるように何度も。

 

この言葉が今の自分にリンクする。

自分が置かれている風景が違って見えた。

 

 

そして、

宮本亜門の語り口、よかったー。

 

 

 

 

 

 

「すべてを楽しもう。」

 日常のすべてを。

 

 

 

 

 

 

 

LIFE IS SHORT

 

 

 

 

 

 

EXE2017 日本最大級のエクステリア専門フェアIN東京ビックサイト

今年も行って参りました。

EXE2017 エクステリア エキシビジョン

【日本最大級のエクステリア専門フェア イン 東京ビックサイト】

 

日本を代表するエクステリアメーカーが一堂に集う、国内最大級の展示会。

 

目的意識の高い各分野のクライアントが集まります。

 

 

 

 

【LIXIL】

ブースに家が建てられています。外構との一体化プランという流れです。

 

 防犯や安全をもたらすとともに、自然と気持ちを和らげる効果もあるとされる家のあかり。

“美彩”シリーズ

 

 

 

 

 【YKKap】

「建物×外構」実際の生活シーンが展示され、外構の必要性を肌で感じとる事ができます。

 

ワクワクするシーンが盛り沢山。

 

 

 

 

【タカショー】

新しい「離れ」のかたち『庭ハウス』

 

照明の“照らされ感”が確認できるところもありがたい。

 

 

 

 

【四国化成】

新たなステージへと進化した「マイポート オリジン」 カーポート

 

塗り壁や舗装材などの「施工体験コーナー」もありました。

 

 

 

 

 

 

 

【Others】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見て、触れて、感じて、充実のインプット。

“good feeling”な外構空間にアウトプットしていこう!(^^)!

 

 

 

 

 

 

 

 

銀座の日産ギャラリーに寄って・・・

 

 

 

 

 

 

 

こんなカッコいいスポーツカーを目撃してきました。!(^^)!

次回、アップします!

NISSAN CONCEPT 2020

「VISION GRAN TURISMO」

Project:【長野市】S様邸

今春、施工予定のProject:長野市S様邸 /Sekisui House

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 Plan1

 

 

 

Plan2 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

約1年越しのプロジェクト、長野市:S様邸

とりあえず9回目のご提案にてご契約をいただきました。

もしかすると施工までの数か月間、10回目、11回目あるかも・・・ですね。

いいでしょう。

「Life is Art」

自分らしく生きる人はすべてアーティスト。

叶えましょう、自分が思い描く理想の外構空間。

 

 

 

 

 

 

 

#屋根の雪おろしギブ

#早くサーフィン

#Tシャツ、サンダル

#南国移住

#雪そろそろギブです

#雪、ギブ

#長野、ギブ

#サーファー

#あサーフィンしたことないです

 

 

 

 

長野市の蕎麦屋店主が考案、タイガースファンに贈る“タイガースアイス”とは?

「全国の『虎ファン』にタイガースへの想いの詰まった極上のアイスを届けたい! 」

信州蕎麦「久虎」の店主がタイガース承認を経て全国展開する熱闘応援メッセージ。

 

久虎自慢の“蕎麦アイス”とは?

肝心の美味しさは如何に?

早速、楽天市場でネット注文、吠えるトラを食してみた! 

 

 

 

 

クール宅急便で到着。

トラ柄のパッケージがクラッシーなタイガースアイスが届いた!

 

 

 

 濃厚ミルク、超ビターチョコ、蕎麦アイスがそれぞれ3個入り。

 

 

 

ゴールドの阪神タイガース承認マーク。 

 

 

 

 

【食べてみた!】

 

まずは「濃厚ミルク」

八ヶ岳野辺山高原で飼育されるジャージー牛からの生乳。

ジャージー牛のミルクは濃厚で、乳脂肪5%超えるそうな。

さらに高タンパク、カルシウムやビタミンが豊富で栄養価の高いミルクとか。

とにかく濃厚!

 

 

次は「超ビターチョコ」

3種類のビターチョコレートをブレンド、

アイスを包むモナカはココア味で香ばしさもプラス。

超味わい深い、大人のビターアイスな感じ。

この甘さ絶対、クセになる!

 

 

最後に久虎自慢の「蕎麦アイス」

アイスの濃厚さと焙煎した蕎麦の風味がなんとも深い。

そば処、信州ならではの逸品アイス。

お子ちゃまから年配者にも愛される上質な甘さが印象的。

これぞ久虎自慢の「蕎麦アイス」! 

 

 

 

【まとめ】

「全部うまい!」

万人にうける逸品揃い、間違いありません。

 

クライアントに阪神ファンはいらっしゃいませんか?

お世話になってる恩人は阪神ファンではありませんか?

 

送っちゃって下さい。

その商談、うまくいくでしょう。

さらに大切な繋がりが深まるでしょう。

 

 虎ファンなら見逃せない!

信州手打ち蕎麦工房 久虎

 

※店主は高校の同級生だったりする!(^^)!

2017本年もよろしくお願い申し上げます。

遅ればせながらではございますが、

2017年、あけましておめでとうございます。

本年も公私共々、宜しくお願い申し上げます。

 

 

正月休みは、

毎年恒例の群馬県、少林山・達磨寺への参拝、祈祷。

 

 

 

 

#パンチ感

 

 

 

 

 

からの、

人生初、COSTCO/群馬・前橋店

 

なんか毎年、グンマ―。

昨年は達磨寺からの富岡製糸場見学。

「信州人、夏は新潟、冬グンマ」

 

 

 

 

 

 

あとは、

 

 

 

 

 

インスタグラムとか投稿して喜んでました。

 

 

 

 

 

 

 

#よろこぶ

#犬

 

 

 

 

 

本年も拙いブログではありますが、お付き合い頂けたら幸いです。

存在するのは常に今だけ

光陰矢のごとし、毎年同じ事を思うわけですが今年もいつの間にか年の瀬です。

この場をお借りして・・・というか自分のスペースでしたね。

お取引させて頂いたすべての皆様方、

拙いブログを見て頂いた方々、公私ともに一年間大変お世話になりました。

社員一同、心より感謝申し上げます。

 

 

 

 

Bluetooth対応ワイヤレススピーカー【JBL CHARGE3】

ワイヤレスならJBLがおすすめ!(^^)!

 

 

FM長野でB´zの「いつかのメリークリスマス」が流れてます。

この時期の「定番中の定番」

 

 

ところでB´zの『ねがい』って曲ありますよね。

「『いつのまにか』じゃない、自分でえらんで歩いてきたこの迷路」って歌詞があります。

“いつの間にか年の瀬”なんていってましたけど・・・

すべては自分の意志で選んできた毎日、人生に違いありません。

 

あたり前のように流れるかのような毎日が有限であることを忘れ、

まるで他人事のように過ごしてしまうのは、時間が前方へ流れるものと錯覚しているから。

 

父親が癌で他界したのは自分が24才の時でした。

「生身の人間、いつ死んでもおかしくないんだ」

父親の幼馴染が慰めるように自分の耳元で伝えてくれたこの一言が今でも忘れられません。

 

遠い先にあるものとばかり思っていた「死」の存在。

先ではない、「死」というものも実は生としての今ここにあるものではないかと疑った瞬間、

時間は前方へ流れるのをやめ、存在しているのは今だけと気付く。

 

流れることをしない「今」はつまり永遠を意味する。

有限のはずの人生というストーリーの中に「今」という永遠がなぜか実現している。

 

今を体験できるのは自分でしかない。永遠にある今は自分だけに用意された刹那。

人生とは連続する刹那。「今」があるだけ、「今」しかない。

永遠の今は完全に自分のもの、すなわち人生は自分のものであると思うのです。

 

 

 

 

 

 

 

「THIS IS YOUR LIFE」

これはあなたの人生です。

〈HOLSTEE社 マニフェスト〉

 

 

 

 

 

 

 

 

今年一年、拙いブログにお付き合いいただきありがとうございました。

 

2017年、

「すべての皆様方にとって素敵な一年となりますように」

 

平成28年12月24日

島崎建設株式会社

Garden design 庭ZOU

代表取締役 松橋第二郎

 

早川光の「最高に旨い寿司」

BS12トゥエルビで放映の「早川光の最高に旨い寿司」という番組をご存じでしょうか?

 

 

 

敷居の高そうなお寿司屋さんの親方とのやり取りを視聴者も疑似体験できる寿司専門番組。

この類では「吉田類の酒場放浪記」、「おんな酒場放浪記」といった酒場編もありますが、

自分、この「最高に旨い寿司」にすっかりハマってしまいました。

 

11月6日は銀座にある「鮨 九谷」というお寿司屋さんが紹介されました。

 

 

おまかせ10貫の中から一番美味しかったものを最後にリクエストするという番組構成。

番組のナビゲーターはマンガ原作者、著述家という肩書きの寿司オタク、早川光さん。

24歳で最初の寿司の本を書くまでに200件近く食べ歩き、今も週4で足を運ぶという寿司マニア。

凄くないですか?

 

 

 

 

 

で、

自分、本なんか買っちゃいました!(^^)!

 

 

番組で紹介されたお店の親方とのやりとり、ネタの写真なんかを交えて紹介されてます。

どこで修業をされたとか、寿司を出す順番についてとか、こだわりの調理方法についてとか。

この番組なしでは知り得ない職人技を語ってくれてます。

 

 

 

 

 

 

番組に刺激されてからはその土地のお寿司屋さんに出掛けるよになりました。

新潟市中央区にある「鮨 雪家」、繁華街から少し離れた“隠れ屋”的な場所にあります。

 

【PM6:30】お客さんは自分だけ、おまかせで握っていただきました。

整然として清潔感のある店内、いい感じです。

 

 

 

まずは生ビール、お通しからのお造り、

山葵の葉に置かれたヒラメ、マグロ、アジ、あん肝、白子、サバの味噌焼・・・

からのヒラメのリクエスト。

 

 

 「握ります」

ノドグロ炙り、アジ、イクラ、

 

ウニ、 吸い物、真イカ、アナゴ

 

コハダ、ハマグリのお茶漬け風と来て、〆のタマゴ。

 

 

中ほどに出された中トロの握り、食べることに魅了されフォーカスし忘れました。

それとマグロのお造りも撮り忘れかな。マグロには目がないようです。

 

自分は料理を作ることに関してセンスがないというか、そもそも興味がないんですね。

全くもって評価する目を持たないわけですが、親方の手さばきには感服しました。

日本が誇る気鋭の職人技です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで・・・

 

 

 

 

 

サービスが開始したアップルペイでsuicaとクレジットカードをiphone7に登録してみました。

 

 

 

クレジットカードの取込みが非常にスムーズで、そのハードルの低さに驚きです。

テクノロジーは日進月歩。

自分が二十歳の頃は携帯そのものがステータスだったのに・・・・・・おやじー(笑)

テクノロジーの進歩で私たちの10年後の働き方、生活環境はどう変わっているのでしょうか?

 

ただ、AI(人工知能)が寿司職人の雇用を奪う日が来るとは思えません。

しかし、未来は未知数です。未来の事は誰にも分かりません。

 

「今日は銀座にある『鮨 AI』に来ています」

なんて日が来るかも・・・。

庭ZOUへのお問い合わせは、
お気軽にどうぞ。